スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の童話 つづき

「私を通り過ぎた女たち」 つづき

友人は、とても裕福だ。
私など、行った事もない店でいつも食事をし、外車に乗り、モデルのような彼女を連れている。
始まりは、確かバーで隣り合わせたか何かだったような気がする。
下から数えた方が早いランクの私のどこが気に入ったのか、時々連絡をしてくれるし、合コンのように、なんとなく女性を紹介してくれる。それも自然に。
いつも、彼女達はやさしく、一夜を過ごしても、二夜を過ごしても、後腐れも無く、空気のように消えていく。
元々、私もモテル男のタイプではなく、まあ気晴らしだったのかな。1夜くらいって、話なのか、もしかすると、彼に頼まれているのかなと、考えてみたが、そんなことをする理由も見つからないまま。

「やあ、久しぶり」と、彼は深いグリーンのスーツ。どう見ても高額だ。
「彼女、びっくりしたよ。有名になってたんだ」
「俺も知らなかったんだ。ずっと皆に自慢できるぞ」
「そんな趣味は、無いけれど、少し不思議だな。TVに知ってる人が映った経験が無かったからかな」
「だろうな。まあ、残念会じゃないけれど、今日は派手に行こうや」
「私に異存は無いよ。って、いつも君にまかせっきりだからね。ちょっとしたヒモみたいなもんだ」
「いいんだよ。金なんて、適当さ。馬鹿な2代目さ。さあ、行こう」
「じゃあ、気兼ねせずに、甘えます」

ゆっくりと夜の街を進んでいった。
「ここで、待ち合わせてるんだ」初めてでは入りにくそうな、シルバーの重量感のあるドアの前に立つと、中にゆっくりと開いた。
「いらっしゃいませ、5分ぐらい前にお着きになられてます」
「そう、ずーーと、ずーーーと、前に」
「押すなよ、誰がいるのかも聞いてもないんだよ」
「聞いても同じさ、美女2人に決まってる」

奥の席に背中を向けて座っている彼女たち。
漠然と不安を抱えながら、脳天気に歩み寄っていった。

大人の童話

『私を通り過ぎた女たち』

彼女の背中のラインを追い続けている。
「そんなに見ないでよ」
「夫が妻を見て何が悪い」
「え ら そうに」笑いながら、彼女は料理を続けている。

こんな私にもちょっとした秘密が有る。
そう、ちょっとした秘密。

10年ほど前、
友人が紹介してくれた女性と、付き合うことになった。
なんてことはない、恋愛なのか身体なのか、若い男女にとって、そんなことは関係なかったのかもしれない。
ベッドで彼女が
「私、デザイナーになりたいんだ」
「ふーん。服?何か勉強してるの」
「そう、服。センス有ると思ってるんだけどなあ。A先生の事務所で下働き」
「Aって結構有名だろ。先々有望じゃないの」
「だめだめ。弟子なんていーーーぱい。2代目なんて無理無理」
「じゃああ、なんか応募するしかないのかな」
「してるんだけどね。2次とかで落ちちゃって。やっぱり才能かな」
「めげずに、やり続けることだよね」
典型的な寝物語。
気の無い、当たり障りのない会話。彼女は本当に一流になる気が有ったのかもわからないし、私は興味も無かった。
ほどなく、当然のように別れた。

半年も過ぎた頃。
TVに映る彼女を見ることになった。
「新進気鋭のデザイナー現る」
「突拍子もない新人が出てきました」
「今までのデザインは何だったのかと思わせてくれますね」
その服を見ても、私には何が画期的なのかわからなかった。
ただ、画面の彼女の身体の線がシャープになっているような気がした。
「良かった、私は全く変わっていないのに、彼女は頑張ってたんだ」

紹介してくれた友人からも連絡が入った。
「残念、惜しいな。でも、まあ仕方ないな。今晩飲もうよ」

予定も無い私は、待ち合わせ場所に、待ち合わせた時間に。

改札口

時々、駅の改札口で別れ話をしているような男女を見る。
ずっとずっとずっと不思議なのだが。
あれは、結局 どういう風な感覚なのだろうか。

例えば、
別れを言い出すのに、ファミレスや炉端だと、時間がかかりそう?
駅の別れ際なら、うまく行きそう?行くわけないよな。
絶対余計に揉めそう。

主に女性が言われてしまってる状況が多いのだが、
逆の状況は少ない。

男は気が弱いから、半分逃げれる状態で別れ話を切り出すのか。
それとも、たくさんの人がいることで、揉め方が柔らかくなると計算が有るのだろうか。

大したことではないのに、なぜか気になる。
そういう風景を観た後、電車に乗って、あの男女はどうなったのかなどと考えてしまう。

別れる為に、誰かを雇って、でも、その誰かが結局は、、、、などと、いう 変な小説を書こうとして頓挫している記憶が呼び起こされた。






泣き止んだ

仕事忙しかった。ホンマ部署合体、移転、新たな上司、新仕事大増量。
仕事もミス花盛りで、疲れ倍増。

FXするにも、疲れて、爆睡の日々。

ブログもほとんどチェックせずに、あっという間に3ヶ月が経過。

久しぶりにチェックしたら、色々皆さんの状況も変わってる。


FXに関しては、ナンピンほったらかしが結果的に良かったのか、
なんとか生き延びてます。

3ヶ月休めば、新たに更新する感じになれるかも。

また、違うカラーが出せれば楽しいな。

泣いた

「私とも遊んでよ」
妻の言葉。

為替のチャートを見続ける背中にかけられた言葉。
負ける以上に効き目抜群。

金儲けして、家族の為にって思ってたのに。
この4年以上何やってるんだろう。
金は得られなかったけれど、貴重な時間は失った。
けれどじゃないぞ、クロライ君。

金以外まで、失う前にぐるぐる考えました。
ほんと、更新もせずにぐるぐる。ぐるぐる。

為替の目的はから、もう一度。
為替との付き合い方を、もう一度。

現実的に0から700はちょっと簡単ではないので、やんわりと家族に説明。
トラリピと裁量2口座で、再度比較検討。

裁量はギャンブルだと考えてお小遣いの範囲。
携帯のネット接続廃止。(外出時の為替チェックの多さに家族怒り爆発してたらしい)
トラリピは、3倍程度で、年数パーセントの金利程度でも良しとする。(子供の代で返済するイメージ)
かつ、最後に20YKCで勝負させてもらう。裁量でもトラリピでもいいが、これが最後なので追加投資は一切無し。

との結論。

こうなると、やっぱり裁量よりは、せこくトラリピ設定かななどと、考えはじめております。

自分の為に使える時間を、無駄にすることはない。
為替をするなら、充分な時間対価を目指そう。

うっしゃあああ。ほんまうまくいくのかいな。半信半疑のクロライ。


カズオ イシグロ
「私を離さないで」
イギリス在住と言っても、5歳からだから、もうイギリス人なんだろうな。
違う空気を吸ってるから、書けるのか、こういうイマジネーションが増殖されていく小説にぶつかると幸せ。

それにしてもピンチョンの小説は全然わからん。(解説書みたいなんを読んでも余計にわからん)

ミスタッチ  って 題名の小説って いいな。って 内容も考えてないのに。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。