スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

otona no douwa

map1は、いよいよ固まりつつありますが、後少し。

以前に、大人の童話を書いた記憶が有りますが、自分なりにこれって続けてみようかと。

「奇跡も一皮向けば」
カレの寝顔は、恋愛当時から全く変わらない。
無邪気で、安心しきっていて、幸せそう。
ワタシは、どんな顔で眠っているのだろう。
幸せな結婚。
いつも、ワタシはカレに話す。
あの日、ワタシは定時の5時で会社を出た。6時半から友人と映画を見る予定で、急いでいた。余裕は余裕だけれど、早く会えればお茶してからって約束だった。
って、携帯電話忘れてる。机に置きっぱなし。ゆっくりお茶は無しかなと思いつつ。会社に戻った。携帯を持って出ようとしたら、電話が鳴った。無意識に取ってしまった。
「おつかれさま、Zです。誰か営業戻ってます」
「いいえ、まだ戻ってないし、誰もいてませんね。ワタシも帰るところ」
「まいったなあ、僕の机にパーツCのケース有るかな」ワタシは、Zさんの机の上に黄色いパーツケースCを見た。
「有りますよ。必要なんですか」
「困ったなああ、忘れちゃったし、こっちのお客さんでトラブッててさ。取りに行けそうにないんだ」
「うーーーん。A社 B社?」
「C社」そこなら、途中じゃない。ついてるな、Sさん。
「ワタシ持って行ってあげましょうか」
「ほんと。助かるよ。今月、ミス多いから、まずかったんだ」
「持って行くだけです」
「了解了解、電話入れておくから大丈夫。納品終わったら、電話入れて」
「高いですからね、ケーキぐらい買ってきてくださいよ」
「わかりましたーーー」ツーーーー。
感謝が足りないんだなあ、いつも。だからミスも多いんですよ、Sさん。

パーツCを持ってC社へ向った。
C社に無事納品して、駅に向った。
まだまだ、余裕。6時くらいには。

ブルブルブル
「はあああい、今向ってまああす」
「ごめーん、こっちが駄目なの。仕事延びちゃってて。間に合いそうにないの」Y子はいつも忙しい。
「ええええ、映画今日までだよ」
「だから、ごめええええん。チケット売っちゃって。売れなければ、ナンパしちゃって。とにかく、今度埋め合わせする、仕事戻るから、ごめええええん」ツーーーー。
一気にテンション下がった。埋め合わせばっかりじゃない。
とりあえず、電車に乗って、映画館に向った。一人で観るとしても、1枚は売らねば。2枚アベックに売るんでも、いいか。でも、そんなうまく買ってくれる人いてる?
映画館には、6時に到着。こういう時はスムーズ。
7階が入り口だから、1階の直通エレベーターの前でターゲットを。
そっか。「湯滴ユテキ」を観ようとしている人なら、上映時間を見るわね。
いたいた。アベックよ。
「湯滴、ですか」
「ええ、」怪訝そうな、彼女。
「前売り持ってるんですけど、買ってもらえませんか」
「ごめんなさい。もう買ってるの」
「ああ、そうですか、すいません」もおおおお、何やってんだか。なんか彼に振られた女みたいに思われてそう。
ひとりの人がいいかな。
「あのおお、湯滴ですか」
「おおお、逆ナン?いいよ。何でもいいよ。違う映画でもいいけど」
「いいえ、違います、そんなんじゃないので」
「なんだよ、声かけてきといてよ」男は、立ち去っていった。
もう、嫌だ。ナンバしてる女。どんどん最低。Y子めええええ。晩御飯ぐらいじゃ済まないわよおおお。
一人で見て帰る方がいいな。これじゃあ。
そこに現れたのよね、カレが。
すーっと、「湯滴」の上映時間を確かめて、周りをぐるーっと見た。
待ち合わせよね。これをラストにしましょう。
「あのおおおおお」
「どうしました」
「湯滴ですか」
「えええ、そうですけど、何か」
「良かったらなんですけど。友人が来れなくなって。チケット買ってもらえないかなと」
「ああ、あまりにカッコいいから、声かけてくれたわけじゃないんですね」軽口が嫌味じゃないのは、得なタイプ。
「いいですよ。2枚ですか」
「そう、2枚。前売りの値段でいいから」
「君は観なくていいの。1枚だけ買ってもいいよ」
「いいえ。一人では、あんまり観る気無くなってしまってて。 ****円で」
「OK。じゃあ、これ」あっさり商談成立。仕事もこういうものなのかしら。あきらめちゃ駄目。
「ありがとう」

カレの携帯が、鳴りはじめたので、ワタシはその場から立ち去った。
時間も早いし、デパートでも、と考えながら歩き始めたら、肩を叩かれた。
「はい」と、振り向くとさっきのカレ。
「ごめん、今度は僕からお願いが」
「どうしたんですか」
「友達が来れなくなったんだ。駄目ならいいけど、一緒に観て貰えないか」
「さっきの電話」
「そう、買った後で、こんな事言うのカッコ悪いんだけど。男だと、君みたいに売るのはナンパみたいで嫌がられそうだし」
悪そうな人でもないし、こういう偶然もおもしろいかも。
危なそうなら、映画終わったら逃げればいい。
「OK。すぐよ。急いで」
ワタシたちは、急いで席についていた。

それからのワタシたちは、他の人が本当に羨ましがる恋人になった。
よくある話かもしれないけど、ワタシはこのエピソードを話した。
当然、ZさんやY子にも。
結婚式では、Y子が代わりにしゃべってくれたくらい。
「耳タコですよーーーーー」って締めてたっけ。

カレに言っても、
「そんな事、別に珍しくないさ。たまたまだよ」って。照れるんだから。



続きを読む

スポンサーサイト

map1 1-4

map1 1-4
「まもるよ。頑張って」
「悩んだ末の答えね。頑張ってくれるんだ。80点かな」
「からかわないでくれよ。警察でも探偵でもないんだぞ。絶対って言えないよ」
「真面目なんだ。これ以上は考えても仕方ないし、m駅 n駅行ってロッカー見てからって、事にしましょう。ビール追加で」
「了解了解」売り子からビールを受け取りながら、鍵については、奥底に沈めた。彼女の事を考える方がもっとミステリーだし、楽しいじゃないか。
「ラングーンて、すぐにわかったの?」柿の種をお互いバリバリ言わせながら、リラックスモードに。
「ええ、何度か行った事が有ったし、ラングーンなんて、あそこしか知らないし」
「エスニックランチ おもしろ味でしょ」
「ええ、ただ、噂では恐ろしいものが入ってるとか」
「らしいね。ワニとか、ぐらいまでと思いたいんだけどね」
私は、恋してしまったのだろう。彼女の仕草や口調まで大事に録画録音するかのように、ゆっくりと噛み締めていた。
「わたしの秘密教えてあげます、あなたもなにか教えてくれます」
「秘密かあ。思いつかないな。例えば?」
「凄いことじゃなくてもいいわ。じゃあ、わたしから。わたしの胸と背中に大きな大きな痣が有るの」
「そういうのって、重いよ。言わなくてもいいんじゃないか。お返しも言えなくなるよ」
「嘘じゃないわ、ほら」と、背中を開けようとする。
「信用する。嘘とは思ってない。私も 言う、私も。昔の彼女の彼氏に刺されたことが有るんだ。肩に傷が残ってる」勢いで馬鹿な記憶が蘇った。
「ふーーーん。おもしろいわ。見せて」
小さい傷だが、見せるしかないか。まばらになってる車内で、私は肩をはだけた。何してるんだ、俺は。
彼女の人差し指が、ナイフのようにその傷口に突き刺さるように突進してきた。
痛みまで感じた気がした。しかし、指先はゆっくりと傷口を上下に辿っているだけだった。
「痛かった?」
「ああ、けっこうね。怖い方が強かったけれど」
「それが、正しい。嘘がない感情ね」時々凄く大人になるんだな。
後10分ぐらいで、到着。こんなに時間が短く感じた事はなかった。
「そろそろ片付けようか」

続きを読む

コーヒーブレイクも小説

「拉致」
この男に拉致されてから、何日になるんだろう。それとも、何ヶ月になるんだろう。だんだん、その感覚させ、ぼやけてきている。彼はどうしてるんだろう。心配してるはず。
あの日、私は、彼の家に向っていたはず。
「かわいいな」
いきなりだった。人前だというのに、抱きしめられた。叫んでも、誰も助けてくれない。今の世の中って、そんな風になってしまったのね。でも、そのうち助けてもらえるわ、って考えてたのが甘かった。
泣き叫んだつもりだったのに。
多分恐怖で声が出てなかったのね。車に押し込められてしまった。
暴れてやるつもりだったの。本当よ。
疲れていたのかな、私。ずっと歩きづめだったし。おなかも減っていたし。
暖かそうなひざ掛けにくるまって、ウトウトって。

目が覚めると、抱き上げられていた。結構いい部屋。こんないい部屋って、いつ以来かな?
すぐに逃げ出すつもりだったの。本当よ。
彼にも会いたかったし。彼と一緒に、晩御飯食べることになってたんだから。

私を置いて、彼はどこかへ、消えた。
逃げろってこと。馬鹿にしてるわ。こんなところ簡単に出て行けるのに。心配じゃないの。
何、いい匂い。お肉ね。これね。こうしてこの男は拉致し続けてるのよ。多分。まだ、他にもいてるんじゃない?
それにしても、いい匂いね。何かだけ確かめてから。

「おなか空いてるだろ?コレでいいかな」
いい人そうね。何。
あー、鳥のササミ。それにキャベツ。男の癖に知ってるわね。
その辺の女なら、簡単に落ちるかもよ。


続きを読む

map1 1-3

「map1」 1-3 小文字になったり 大文字になったり、題名の意味もだんだんずれてきた感じです。

彼女はノートパソコンと、鍵を手早くテーブルの上に出した。
「ところで、どういう事だと思ってます?」真剣な顔になるときも、一瞬右目が細くなる。
「考える暇も無いまま、今のこの状態ですから。全く白紙から考えないと無理だ。それより、m駅に着くのは夜中ですよ。予約だけでも入れましょうか。」さっきもらったパンフレットを彼女に見せようとすると、押し返された。
「もう予約とってるから、大丈夫。それより鍵はどこで手に入れたの?」
私は、慌ててポケットから青い鍵を取り出し、赤い鍵の横にそっと置いた。
手に入れた経緯と、子豚のニュースを話した。
彼女は、PCの電源を入れ、YOU TUBEで検索し、そのニュースにアクセスした。
ハイスピードで、ミスの無い指の動きは、優雅にさえ感じさせる。
じっと見ている私の視線の先に有る、自分の指を冷たい目で見入る彼女。
「喋れない分、こっちに能力が備わったのかも」
「さっきから、喋るのも大丈夫になってきてるよ」
「緊張すると駄目だし、理由も無く駄目だったりで、わからない。精神的なものって、言われたことも有るけど。
大丈夫ってことは、あなたはわたしをリラックスさせ ている ってこ とだ と、思う」
「ほら、緊張してく る と だめ」
「すまない。もう言わないよ。そこ、そこストップ」画面に鍵とHELPの文字が映っている。
「あああああ、凄い。それに今からm駅なんでしょう。単なる偶然?」
「全くお手上げ。単なるイタズラかと思っていたけど、このニュースに君の出現。偶然やイタズラじゃないだろうな。ただ、君が絡んでるとすれば、わからない」

続きを読む

map1 1-2

「乾ぱああい」早々彼女はタバコを吸いながら、缶ビールを開け、私に手渡した。
くわえ煙草で器用なものだ。ココ・シャネル並みのスモーカーだな。
私は吸わないので、わからないが、煙たくないのだろうか。煙が目にしみるって歌が有るくらいだし。

バリバリ、カシャカシャ、手際よく食べ物を並べていく。
「タバコは1日にどれぐらい?ってよく聞かれるよね」
「会う人は皆聞きますね。この頃は、聞かれないと、逆にどれぐらい吸うと思いますって聞くくらい。50本くらいかな。3箱はいつもバッグに入ってないと不安」
「マルボロじゃないと、駄目なの」
「駄目。絶対駄目。今はマルボロのボックスが、一番合ってるみたい」あんなにつっかえ、つっかえ、喋っていたのが嘘のように、スムーズだ。

「バッグ上に上げようか、狭くない?」
「大丈夫、後で使うから。上に乗ってるハンカチ取ってもらえます。手が短くて、もぐるのしんどいし、ちょっと届かないみたい」
どうして、こう誘惑してくるんだ。いくら真ん中に置いてるからって、私の方が、大きいぞ。小回りきかないぞ。
押し寿司に急接近しながら、指を伸ばした。腕に彼女の膝が当たった気がする。やはりからかわれてるのか。
スーツと揃いのハンカチだ。
「おしゃれですね、エルメスですか」
「これしか、無い んです。それに古いデ ザ インでしょ。成金みた いで。でも私 はこれが 好き。ちょっとごめん。すいまああせーーーん」急に立ち上がると、彼女は 前の席に座っている男性の肩をトントンと叩いた。
「はああ」と振り向いた男性は、一瞬で愛想のいい顔に変わった。(だろう)
「ごめんなさ い。ちょっと前に倒し直し ても らえます。食事が終 わったら、倒し てもらってい いので」ニッコリ はっきり 彼女は普通に言い切った。
「あああ、ああ」と、男性は慌ててまっすぐまで戻してしまった。
「そんなに戻 してもらわな くても、半分くらい でいいわ」
「大丈夫です。どうぞ」と男性は固まった。(言われたこと無いよな。それも彼女みたいなタイプには)

「あらためて、かんんぱああい」
「君は、いつもあんな感じなの」声を潜めてしまった。
「なにが」
私は前の席を指差し、口に人差し指を当てた。
「頼んで るだけ だし、、、、。あなたは、言 えないの」
「ああああ、ああ」前の男性と同じだ。

「ところで、バッグはプラダ。こだわり?」
「エルメスがこ の バッグ出してくれてれば、良かった んだけど。ロゴだけエ ルメスに変え られないかなあ。でも揃ってないと変で すよね、やっぱり」
「そんなこと無いよ。エルメスがアピール強いから、プラダのバッグって余計に気になっただけですよ。ある意味面白いかも」
「ふーん。そうい う風に考えることも出来るわ けね」
どこに入っていくのか、小さい身体にどんどん食べ物が吸収されていく。

続きを読む

map1 1-1

ブルーのデニムのバッグが、アンバランスだけど、彼女には似合っている。
バッグにプラダのロゴが。
アンバランスどころか、完全なるコーディネートか。
こんなバッグまで、プラダが出してるのか。
布地のブランドバッグって、エルメスからだったっけ。
皮じゃないと高級品じゃないと思う 貧乏世代です。

「ちょっと調べ て、みたんだけど、今からだと手前 のm駅まで行けそ う なの。行きながら、話せるし、明日の朝早 く調べら れ るし、いいかなと  思って るんだけど」
「構いませんよ。3日間有給も取りましたし」ばか野郎。さっき反省したばっかりだろう。もう二度と所帯じみたことは言いません。3日も旅行するつもりか、こいつは、って思われてないか。
「じゃあ、そうと決 まれば、色々宴会グッ ズを仕入れてき ま すので、切符お願いできます?」
「わかった、20分後ぐらいのでいいかな」
「ええ、お金 を」
「いいよ、デート代と思いますよ」
「いいえ、はじめにちゃ んとしてお かないと、甘えてしま う から。私の買っ てくるものも、半分もらいますからね。ああ、それ、と、スイ マセンが、喫煙席でお 願い」
「了解。じゃあ9時15分に、ここで」今のは決まったんじゃないの。低音で。

25分発が最終じゃないか。で、どうするよ。夜中にm駅なんか着いて。おいおい、泊まることになりますよ。
やっぱり新手の美人局じゃないのか。
腎臓でも取られるんじゃないだろうな。
えええええい、どうなっても後悔しません。
気弱が腹くくったぞ。

サービスカウンターで、m駅のビジネスホテルのパンフレットをもらい、まあ、別々に泊まる前提なら何も心配してないのかもしれないな。
今の若い人は、そうなんだろう。
妙に納得していたら、彼女が両手に袋を下げて、戻ってきた。
「聞くの忘れ てて、ワイ ン飲めました? て、買ってきちゃったんだけど。晩御 飯まだでしょ?」
彼女から、袋を取り上げながら、本当に宴会始める気なのか。この量すごいな。
「飲めるから大丈夫、25分発だから、ホームに上がってましょう」

続きを読む

どんどん深みに

map1 いよいよ第一章という感じ。

「n駅 に行く しかな いです よね」彼女は当然のように、つぶやいた。
「すぐ に行き たいけれど、あなた はどう」 
この目は、駄目だ。私の気持ちが見透かされてしまう。

私の事を知ってるわけでもないのに、怖くないのだろうか。
私が怖がってるだけなのだろうか。

「電話さえすれば、有給が残っていたし大丈夫だと」言いかけて、しまったと。
ハードボイルドな男のふりをしたかったのに。
情けないサラリーマンじゃないか。有給などと。

「もっと話 もしたいし、9時に a駅で どですか。少し用意もしたいし」

少し喋るのが不自由なのかもしれないな。魅力が損なわれるわけではないが。
a駅に9時なんてどうする気なんだ。
n駅に行くには、すぐに乗っても、ぎりぎりじゃないか。
明日にするよな。普通は。
純粋なだけか、
もう考えまい。


「私も大丈夫です。じゃあ、9時に a駅東口改札前で」

「絶対で すよ。あ、電話かけますから、番号言って」
「ああああ、090-***-****」騙してるわけでもないのか。
彼女は超小型の真っ黒な携帯電話を取り出し、ハイスピードで番号を押した。
スムーズな指裁きは、口調からは想像できないな。
私の電話が振動した。
「OK、これですっぽかし駄目ですからね」
彼女は、マルボロをもみ消し、片付け始めた。

私は、ずっと心臓の鼓動を感じつつ、コーヒーを飲み干した。
砂糖もミルクも入れ忘れたことなど、生まれて初めてだ。

立ち上がると、彼女から手を差し伸べてきた。
「私、サイコです」
「私は、スギタトキオです」
手の感触を噛み締めるという、おじさん特有のトランス状態を楽しんだ。

彼女の後姿を見送りながら、まだ夢の続きに浸っていた。

続きを読む

ほんま せこいやり方

悩んだ末に、fxに関しては、3YKCで1000通貨豪円か豪ドルの買い。
これだと、なんとかほっぽっておけるかもと。
ただ、3YKCも簡単に行かない現状で、100YKCでやっと30000通貨所持という気の遠くなる話。
ほんまに儲かるのかいな。

とりあえず、元YKCを作らなければなりません。

真剣に計算したところ、-730という恐ろしい数字が出てまいりました。
ただ、投信に50ほど残っておりますので、-680です。
投信は全く手をつけられないので、こいつは投信内でやりくりして、上積みを狙います。

とにかく、夢を捨てたので、一気返しは無いですが、
月に1でも返していきますわ。

皆に幸幸

MAP1

いよいよどうなっていくのかわかりませんが、再開するにあたり、再度まとめました。
ちょっとだけ、訂正、追加。

『MAP1』
わたしは、閑散とした終電車の向いの席の光るモノを、見ていた。
鍵だよなあ。
こんなの拾ったって、面倒なだけだし。
でも、気になるよなあ。

続きを読む

新年だ。決断だ。やっぱり最後にやられただ。

fxは、12月から、1月にユロ円で10YKC やられただよ。
最後っ屁食らいました。
雇用統計で全力買いが、やられましたが、覚悟してましたので、開き直りではなく、満足しております。

で、今年。
皆様 明けました。
FX引退します。
今回負けたからではなく、これからも取り戻せそうに思えない自分自身の変わらない考え方だ。
もっと早く気づけよとの、お声は有りますでしょう。

色々な方から、うれしい助言を頂き、自分でもこの1ヶ月考え、検討、あきらめ、復活、消沈、期待、希望、様々に心は動きましたが、fxでの倍率ドンの魔力には負けてしまうのがわかっているので、性格的に合わないという結論。
もうひとつは、今年50歳になるので、考えてみたんですが
どっぷりfxで楽しいんですが、やっぱりこのままfxにはまるだけの人生もどうかと。(クロライの場合、暇さえ有れば、チャートを見ていなければ落ち着かないタイプなので)
皆様のように、うまくfxと共存できず、fxに寄生されてしまうエイリアンの卵栄養分になってしまっている自分に嫌気がさしてきたのも有ります。

ちなみに、クロライってネームも、思いつきという、いい加減さ。

ただ、投資は株 投信 1倍のFXは検討していこうと思ってます。

今後の予定。
1.節約と副収入を計画し、700YKCをなんとかする。ゾッとしますが、ゆっくりゆっくり。
2.map1を書き進める。自分で読み返して、先が知りたくなってきたので、進めるしかありません。次回あたり、再度今までのをまとめてアップします。
3.書いてみたかった事を進めてみたい。
桂枝雀と中森明菜に見られる苦悩。
松本人志の本当の挑戦。
自分にとっての音楽ベスト、小説ベスト
コメディの体系化
福本伸行の真髄
絵画を素人なりに考える
などなど。他にもまだまだ、映画、政治 宗教 と書くことで勉強する必要も出てきておもしろそうです。

fxが縁で付き合ってもらえた方々有難うございました。

トレードしなくなると、全く興味が無くなるクロライなので、あっという間に、ユロ円が150円でも50円でも感じなくなってしまいそうです。(今の間に勉強とは全く思わないタイプです)

んでは、とりあえず 今年も行っちゃいましょうか。
本当に行っちゃいますよ。

お先に幸福島へ。
どこに有るのかが問題だ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。