スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして 焦るのだろう

134 112まで 待つはずじゃあなかったのかいな、クラブレさんよおお。

しっかり、136 113台で ポン ユロ ロングで ナンピン状態。
プラス、どうしても ドル円の88円からの ナンピンのしんどさに めげそうです。

ポジを持たずに、待つことがどうして出来ないんでしょうね。
あと、たった1日待てば、だいぶ楽な動きなんですが。
ドルが年初来最安値などと、おそろしい状態になってきており、含み損に耐えられるのかいな。
かつ、レバ規制で、うめいております。

お馬鹿クラブレは、ドル円で買い下がりだすと、ドル円でしかナンピンできなくなってしまうので、弱い状況の通貨を持ち続けるという 情けなさ。

ほんま、どげんとせんといかん。

ナンピン トラリピするにも、決め事を守る精神力が、より一層大事です。

まだまだ、そうは簡単にいかないですが、検討して がんばっていきまする。

夏目漱石「こころ」
内省的な明治文学炸裂。
太宰、夏目、芥川、壮絶ですね。
まだまだ、日本文学も読まないとあかん。

皆さん、頑張って いきまっしょい。
スポンサーサイト

このままでは、いつか、、、、、

このまま、負けるまで トラリピで利小損大でいくのか クラブレです。

1000通貨 2000通貨のナンピンなので、最悪マイナス8-10万までで、踏ん張って、また戻ってきてくれてるので、生きてます。
現在の250円の利益の為に、2000円 3000円の含み損に耐えるパターンでは、ダメですよね。
遅かれ、早かれ、相場の餌食なのは、わかってるんですが。
今、1円-3円の変動で、ブレイクアウト狙いの 損をどんどん 相場は飲み込んでいます。
トラリピ ナンピンに 少し利益をまわしてますが、数ヶ月以内に10円-15円幅の一気変動で、持っていかれるのがわかってますよねえ。

なんか、今の間に、裁量のシステムを考えていかんとあかん。
ただ、このところの動きは、裁量でしてると全く勝ててません。
ほとんど ブレイクアウト狙いだと、大損を食らっております。
さあ、どうするよ。クラブレさんよおおお。

今のやり方は、3000通貨が、限界ですね。
資金力を上げるか、裁量能力を上げるか。

今模索しているのは、大きな幅のナンピンと押し目の10PIP刻み買いあがり ナンピン。
プラス、一気下がりを狙う60PIP損切りの売り
このあたりを併用するしかない。
あらま 大雑把な方式だこと。

ポン円 190円の時に、ナンピンして、1-2ヶ月ちょっと勝てた時を思い出します。
いつかガッツリ来ますよね。
怖いなああ。

ジム トンプソン著「サヴェッジ・ナイト」ラストの散文 詩にしてしまっていることで、私の理解力を超えてしまった。
前半、中盤は 恐ろしく おもしろいです。
人道的には、問題はあるでしょうが、小説版「パルプ・フィクション」
ガッつり肉食小説です。

まだまだ、奥が深い fxなんとか 検討を続けます。

運だけで、生き延びるって

ナンピン トラリピで 生き延びてる クラブレです。
数匹の諭吉が、また戻ってきました。
そりゃ、買いナンピンして、元の位置まで来てくれてれば、勝てますわな。
いつか、いつか、損切りできずに、クラッシュなんですよね。
いくら、微妙な勝ちを拾ってても、全く楽しくないですね。
ただ、裁量でやってると、早死にだったのだけは、確かですが。

ユロ円 ポン円で戦っております。
113円 135円に乗ってからは、様子見プラス売りを少し。
111 133くらいからまた、ナンピンしたいんですが、どうしても、ポジを持ってしまうので、負けないために、今は両建ても有りかもと、思ってます。


W杯終わってしまった。
スペイン 好きだけど、今回は、らしくなかった。
らしくなかったから、勝てたのかもしれませんね。
らしかったのは、負けたスイス戦のみってのが、おもしろい。

オラのロッベンは、いいですね。
存在がおもしろいですね。
これから、再度 見直して、ベストバウトを決めていきましょう。
やっぱり、真剣勝負はおもしろい。

なにはともあれ、カシーリャスおめでとうございます。
レアルマドリードで見たときから、大ファンなので、うれしかった。
ラウルも出て欲しかったなあああ。

「くじ」シャーリー・ジャクソン著
古い作品ですが、読者を置き去りにする技量、日常の氷結。
今でも、充分斬新な切り口。
寡作ですが、巡り会えた事に感謝。

まだまだ、レバ規制まで、検討検討続けます。

W杯 ゴリゴリの試合が増えてきた

ナンピンしたら、8年半ぶりの安値を記録するユーロに 自分の力を改めて認めた、クラブレです。
諭吉は、家出が大好きなので、困ったものです。

話はW杯。
本田の動きを見て、やっぱり 中田ワントップは、やっぱり試す価値が有ったのでは、と思い返しております。
今から、色々検証がされますし、私もしていきたい。
イタリアサッカーを目指すのか、スペインサッカーを目指すのか、韓国サッカーを目指すのか。
やっぱり メキシコが理想かなああ。
結果論ではなくて、予選過程から方向性が見える納得できる日本サッカーを見たいですね。

ベスト16ぐらいから、いよいよゴリゴリした試合が増えてきましたね。

予選では、やっぱり イタリアVSスロバキアの後半ラスト15分は、凄かった。
イタリアの底力。ピルロが元気だったら、カンナバーロがモチベーション早く上げてたら。
リッピ監督はひどかったけれど、もっともっと、見たくなりましたね。
ニュージーランド戦を、大事にしておいて欲しかった。

フランスは、もう許せないですね。(フランス国民の怒りは、凄いんでしょうね)
ジダン無き後、このまま沈まないか心配になってきました。

もっと許せないのは、カメルーンですね。
フランスもそうですが、内紛なんかどうでもいいです。ピッチの中では、いいプレイを見せてもらいたいだけですよね。
観客に対して失礼ですね。
カメの日本戦は、本当にカメ国民なら、震えるくらい怒ってます。

ドイツVSイングランド
ものごっつうう、期待しました。
やっぱり、なにかイングランドらしい、負け方で残念でした。
ルーニー好きなんだけどなああ。
ドイツのミュラーとエジル?オジル?に魅了されてしまいました。(イングランドのプレスが、甘かっただけなのかもしれませんが)

昨日のブラジルVSオランダは、サッカーの怖さ、おもしろさを体現しましたね。
解説の山本氏は、ブラジルをほめすぎてましたので、オランダがちょっとかわいそうでしたね。
ああいうプレイしか、ブラジルには勝てないかもしれません。
総合格闘技サッカーという、感じ。
演技派ロッペンが殊勲賞ですね。

問題はウルグアイVSガーナのハンド問題。
あれは、PKではなく、ゴールを認めていいように思います。(あくまで勝手な意見です)
手を出さなければ、ゴールですよ。ゴール。
ギャンが 辛いよ。

まだまだ、名勝負の期待大のW杯。
寝不足は続きそうです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。